こんなにありますよ!社員研修のメニューは豊富です

ビジネスマナー向上の研修です

特に営業職や接客をすることになる社員にはビジネスマナーの研修は必須と言えるでしょう。接客の世界で長く活躍してきた人が講師をしていることがもちろん多いので、新入社員には特に接客やマナーの研修は受けてもらった方が良いですよ。研修をする会社のなかには元キャビンアテンダントやホテルのスタッフの方などもいるので、異業種の人にとっても勉強する機会はかなり多いはずです。マナー意外にもヒューマンエラー等に関する研修なども行われているんですよ。

役員・経営者層向けの研修

企業の中核を担う役員向けのトレーニングです。講師は大学で経営学を教える教授から実業家まで幅広いことが多いですね。これまでどういったケースがあったかを振り返りながら参加者がディスカッションしていくことが多いです。経営者向けの研修は議論などをした後にネットワーキングのイベントも開催されることが珍しくないです。リーダーシップを養うためのトレーニングが行われることが多いです。リーダーのマインドを数日間で養うといった内容のトレーニングが人気です。

中間管理職向けの研修

業種や企業規模に関係なく中間管理職にはあらゆる局面に対応できるバランス感覚が求めらえているんですよ。これまでに経験したことない状況に陥った時、どうバランスよく対処するのかといったことが重要です。そのためのトレーニングが中間管理職には用意されていることが多いですね。また、能動的に仕事を取りに行く姿勢がミドル層にはあって当たり前なので積極性を身につけるための意識改革も行われます。この研修でも講義形式ではなく討論が中心になることが多いですよ。

社員研修の指導にあたる場合、優しく接することも大切ですが、厳しく指導し接する一面も見せる必要があります。良い社を育成するためには、心を鬼にすることも大切なのです。